家族で旅行に行きたい韓国

プサンに住む姉を訪ねて韓国へ旅行へ行く。港町の雰囲気にソウルとは一味違う韓国の良さを感じる。



家族で旅行に行きたい韓国

韓国に住む姉を訪ねて旅行へ

プサンに住む姉を訪ねて、韓国へ行ってきました。以前ソウルの方へ旅行をしたことがあるので、これが2回目の韓国。10年ぶりくらいでしょうか。プサンは福岡から1時間ほど。以前は飛行機での旅行でしたが、今回は高速艇ビートル。ビートルが運行したのはまだ私が小さい頃のことだったと思いますが、前から乗ってみたいと思っていました。おかげでようやく念願がかなったというかたちです。

プサンは韓国第二の都市、ということでいいのかな?ソウルと違って海の街といった趣。近代的な建物もずいぶん多い反面、まだ昔の雑多な雰囲気を持っていました。韓国の街並みは日本に近いと思いますが、それでも国が違えばやはり多少の違いはあるもの。プサンの街並みに、やはり海外へやってきたんだとしみじみ。坂の多い風景は港町ならでは。生まれが長崎で、現在横浜に住んでいる根っからの港町育ちの私にとってみれば、どこか心落ち着く街でした。仕事の合間をぬって姉がいろいろと案内してくれました。遠くから眺めるプサンと、実際に間近で見るプサンとでは違いが出てくるからおもしろい。例えば民家を一つとっても、また商店一つとっても、そこかしこに異文化のにおい。看板の色使いやデザインはアジアらしさを醸し出していました。そして韓国といえば食。前にタコの踊り食いをテレビで見たことがあり、姉にお願いして連れて行ってもらいました。いやぁ、これはなんというか…ぐろい(笑)味は…タコでした。当たり前ですね。また機会を見つけて韓国を訪ねてみようと思います。